40歳を過ぎたころから、乾燥や肌質などお肌の変化を感じる方はとても多いようです。
実は、40代はお肌の転換期で、肌の保湿・バリア機能が低下し始めるころなのです。

お肌のバリア機能が低下してくると、乾燥肌が悪化、シワやたるみといったエイジングサインが現れ始めます。
また、40代のお肌は疲れやストレスがお肌に出やすく、肌の衰えを感じやすくなります。
さらにはホルモンの変化でお肌の乾燥も進みやすくなるのです。
そのため、30代までよりもお手入れが大切になってくるわけです。

40代になっても、20代30代のころと同じスキンケアを続けていませんか?
30代まではドラッグストアなどで売られている安い化粧品でも十分に潤っていたお肌も、40代になると急激にお肌の状態が変化してきます。
そのため40代からは、年齢に合わせたスキンケアが重要になってくるのです。

お肌の乾燥や、年齢肌が気になってきたという方も、年齢に合わせたスキンケアで、乾燥肌を解消すればお肌の老化に歯止めをかけられます。

40歳を過ぎるころから、乾燥肌に悩まされるようになる方はとても多いようです。
その原因はセラミド不足によるものです。
セラミドは20代を境に減少し始め、セラミドが減少するとお肌の保湿機能、バリア機能が低下してしまうため、乾燥肌やしわやたるみなど肌老化の原因となってしまうのです。

そこで、重要になってくるのが毎日のスキンケアです。

セラミドが不足したお肌は外部刺激にも弱くなり、誤ったスキンケアを続けていると、老化を早めてしまう原因にもなってしまいます。
お肌への負担を出来るだけ減らして、正しいスキンケアを心掛けることでお肌のバリア機能を維持することができます。

例えば、クレンジング選びや洗顔の仕方一つでも、お肌への負担はだいぶ変わってきます。

シートタイプのクレンジングはメイクを直接ふき取るものなので、お肌への負担はと手も重く、刺激を与えてしまいます。
また、オイルクレンジングはメイク汚れと一緒に皮脂まで落としてしまうため、乾燥肌の原因となってしまいます。

お肌に一番負担の少ないクレンジングはクリームタイプで、肌を直接摩擦することなく汚れを浮きださせて落とすことができます。

このように、クレンジングや洗顔の際お肌への摩擦を避け、負担をかけないお手入れは乾燥肌対策にもつながります。

40歳からのスキンケアには積極的な保水・保湿ケアが必要になってきます。
保湿成分として、セラミドやアミノ酸ヒアルロン酸、コラーゲンなどをしっかりと補充してあげることで肌の乾燥を防ぎ、年齢にまけないお肌作りができます。

40代のスキンケアは化粧水や乳液クリームに美容液と何種類も重ねづけしなくてはならないのかと思うと、少し面倒に感じてしまいますよね。
でも、日々のスキンケアが一つで済ませられるオールインワン化粧品などが主流になりつつあります。
手間のかからないエイジングケアなら、負担にならずに続けることができるかもしれませんね。

【関連記事】⇒辛い!乾燥肌の原因を徹底解明