30代はお肌の曲がり角、こんな言葉をよく耳にしますよね。
30歳を過ぎたころからなんだか肌の衰えを感じはじめお肌の乾燥も気になるように、そう感じている方は少なくないと思います。

特別なスキンケアをしなくても十分潤っていた方でも、30代に突入した途端乾燥肌に悩まされてしまうということも少なくありません。
この乾燥肌の原因は、おそらく加齢によるセラミドの不足によるものです。

セラミドが不足してしまうと、お肌の中の水分が蒸発しやすくなり外部刺激からも弱い状態になってしまうため、乾燥肌や吹き出物など肌荒れの原因となってしまうのです。

30代からのスキンケアにセラミドは不可欠!

健康で美しい肌を保つためにセラミドは不可欠と言われています。
しかし、セラミドは年齢とともに減少してしまうのが事実です。
セラミドが不足してしまうと、乾燥肌だけではなくたるみやくすみといった老化の原因となり、年齢よりも老けて見えるなど、女性にとってはとても辛い状態になってしまうのです。

しかし、最近販売されている化粧品にはこのセラミドが配合されているものも多く、スキンケア商品の通販ドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。
その中でもなるべく高濃度配合のものを選び、しっかりケアしてあげることで、乾燥肌も解消され、同時にエイジングケアもできてしまいます。

30代からのスキンケアは乾燥を防ぐことが重要!

30代からの肌トラブルは乾燥肌が原因となるものが多く、しっかりと保湿をしてあげることで、お肌の老化やトラブルを防ぐことができます。

肌の保湿に効果がある成分は、セラミドの他にもあります。
よく耳にするのが、コラーゲンやヒアルロン酸ではないでしょうか
30代の乾燥肌対策には、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの成分を多く配合した美容クリームがおすすめです。

また、意外と知られていないのが毎日浴び続けている紫外線により、お肌の乾燥が悪化してしまっているということです。
30代と言えば、家事や育児などに忙しく自分自身に時間をかけていられないという方も多いですよね。
紫外線は一年中、天気を問わず存在しているためこの紫外線を日々浴びることで肌の乾燥は少しずつ進んでしまっているのです。
そのため、季節を問わず日焼け止めが必要となってくるのです。

冬場も日焼け止め?と抵抗を感じてしまう方も多いかと思います。
そんな場合はUVカット効果のあるスキンケア化粧品を使ってみるのはいかがでしょうか?
最近では、化粧水や美容液UVカット効果のある下地が一つになったオールインワンなども売られているので、試してみるのも良いかもしれません。

30代の乾燥肌はしわや毛穴の開きなど老け顔の原因となります。
見た目にはまだ大丈夫なように見えていても、実はおはだの老化が始まってしまっているかもしれません。
30代に合った正しいスキンケアを早い段階でしておくことで、乾燥肌や年齢肌に悩まされる可能性は大幅に減少します。

【関連記事】⇒若さを保つ為の40代のスキンケア!乾燥肌は老け顔の原因