乾燥肌は、空気が乾燥する冬など季節の悩みだと思われがちです。
しかし、エアコンなどの使用による乾燥や夏場の紫外線による日焼けなど、お肌がかんそうしてしまう原因は年間を通して存在するのです。
そのほかにも乾燥性敏感肌や加齢による乾燥など「乾燥肌」の原因は様々です。

それでは乾燥肌のタイプ別に原因と対策についてお話していきたいと思います。

一般的な乾燥肌

専門用語ではドライスキンと呼ばれ、洗顔後の肌のツッパリや、常に肌がカサカサしているなどが主な症状です。
原因として、季節的な感想や睡眠不足やストレス、食生活の乱れや生活習慣などが考えられます。

そのためドライスキンの場合、対策として効果的なのが生活習慣や食生活の改善が一番効果的だと言えます。
保湿力の高い化粧品などでケアをすること、冬場のエアコンやホットカーペットの使用を最低限に抑えたり、加湿器などを使って部屋の湿度を保つことで乾燥肌が解消されることがほとんどです。

アトピー性乾燥肌

アトピー性皮膚炎による乾燥の症状や、炎症による痒みが出るためかきむしってしまったり、皮膚を傷つけてしまうことで、肌にダメージを与えてしまいさらに肌の保湿能力下げてしまいます。
アトピー性皮膚炎の場合、基本的にはお家でのケアは難しく専門医に相談するのがベストです。

乾燥性敏感肌

以外に多くの方が患っているのが、この乾燥性敏感肌です。
かゆみやひりひり、赤みなどの症状があげられます。
何らかの原因により、お肌の保湿機能、バリア機能が低下した状態になってしまいます。
バリア機能が低下してしまうと、誤ったスキンケアや季節的な乾燥などちょっとした外部からの刺激でも、お肌の乾燥がどんどん進行していってしまいます。
原因として考えられるのが、クレンジングや洗顔などで皮脂を落としすぎてしまっている、
季節の変わり目の寒暖差、エアコンなどによる乾燥、保湿不足などがあげられます。

このタイプの乾燥肌の対策として考えられるのが、スキンケアや生活習慣を見直すことです。
お肌に合っていないクレンジングや化粧品などを使い続けていると、お肌の状態が少しずつ傾いていきます。
その結果、乾燥性敏感肌に移行してししまったということも考えられます。
一度毎日のスキンケアを変えてしまうのも良いかもしれません。
敏感肌用の低刺激、高保湿のものに切り替えてみることで改善されることがほとんどです。

加齢による乾燥

認めたくありませんでしたが、私もこのタイプの乾燥肌でした。
本来正常な肌は、皮脂を分泌し汗腺から出る水分と交じり、角質の表面を覆うようにしてお肌を保護しています。
しかし、加齢とともにこの肌の保護機能が低下してしまうために乾燥肌となってしまうのです。
その機能は30代から衰え始めると言われ、年齢とともに代謝も落ちていくため、加齢とともに乾燥肌に悩まされる女性が増えていくのです。

年齢による乾燥肌の症状は、肌のかさつきに加えしわが目立ってしまうなど年齢肌の悩みも併発してしまいます。

加齢による乾燥肌に効果的な対策は、何といってもスキンケアが一番です。
年齢とともに不足していく成分をしっかりと補うことで、年齢に負けないお肌を手に入れることができます。
また、代謝上げる食事を摂るなど、食生活に気をつけることで乾燥肌&年齢肌への効果は格段に上がっていきます。

乾燥肌も原因を知り、タイプ別にしっかりケアしてあげることで、必ず改善されます。

【関連記事】⇒食べ物で乾燥肌対策!乾燥肌に効果的な栄養素